息を切らしてさ 駆け抜けた道を

振り返りはしないのさ ただ未来だけを見据えながら

放つ願い カンナみたいにね 命を削ってさ

情熱を灯しては また光と影を連れて 進むんだ

 

大好きなミスチルの「終わりなき旅」からでした。

「殴る女」というドラマの主題歌だった気がします。

願いを放つとか、情熱を灯して、とか表現がカッコいいですよね。

当たり前のことを、工夫して表現できるのが才能なのかもしれないです。

横浜での修業時代、職場の先輩にミスチルのライブに連れて行ってもらったのは

本当に印象に残ってます。生桜井さん見られたのは、本当に感動しました。

根が田舎者なので、ミスチルとか有名人のことはテレビの中の架空の存在なんだなと

思ってしまう癖があります(笑)

東京に来てからは、有名人を案内したこともあって、テレビの中の人を少しだけ

身近に感じられましたね。その時、本当にたまたま遅刻して怒られたのは、もちろん

上司には報告していません(笑)強面の俳優に「お前、良い根性してるな」と言われました。。。

時々あの時のこと夢で見ますからね。これがトラウマかって感じです。

 

というわけで、今日は物件の調査でいろいろと発覚して、買主様(投資家)へそのまま正直に

報告しました。買付がキャンセルされるリスクも有るほどのことでしたので、伝えるのは

辛かったですが、事実を伝えて判断を仰ごうと思い、結果的に了承を得ることができました。

最近思うのは、完璧なものなんて世の中にないわけで、トラブルを生む要素をいかにハンドリング

できるかが大事なんだなと思います。それを懐の深さとか器とか言うのかもしれないなと。

確かに本当に仕事のできる人は、寛容な人が多かったと思います。僕は小物なので、細かい所

気になり始めたらずっと調べてるタイプなので。。。(笑)

自分なりに調査して、買主様に事実を報告できたのは良かった点と思います。今後の信頼関係にも

影響するし、何より自分で自分の仕事が嫌になりそうだったので。そういうのしないために

独立したので、そこのスタンスは変えないでいたいです。

 

そして、ホームページの打ち合わせで中学時代のT君を電話で拘束(笑)ホームページは、正直今のままで

充分だけど、より良くしていきたいという気持ちを汲んでくれたT君に本当に感謝です。

何をやっても良いとなると自由からの逃走が始まりそうだけど、踏ん張り時です。

トップ画の写真は、僕の経歴を写真で表現したいということで、池袋の立教大学→横浜市のみなとみらい(杉浦商事での修業時代)、六本木ヒルズ・東京タワー(大手での修業時代)、表参道・赤坂・銀座(最終的な目標?)の写真にすることにしました。

その他にも、T君のアドバイスで項目の言葉選びや配置について専門的なことを教えてもらい、専門のNさんに依頼をしました。

NさんのHPの作成がこれまた凄くて、ラフの段階を皆さんに公開したいくらいです。デザインて本当に感性ですよね。。。限られた予算の中で本当にやってもらって申し訳ないのですが、僕も必死です(笑)

 

親戚に不幸がありましたが、無事であることを祈って。それではまた!