不動産の仕事をしていて、その人がどういう人なのか垣間見る瞬間が多い気がしてます。
賃貸の方が多い気がします。賃貸の場合、保証会社の審査が必要になったり、賃料等が生活に直結するからかもしれません。

ただ良い部屋を探していれば良いわけじゃなくて、紹介する部屋は色んな意味でその人の生活にマッチしたもの
じゃないといけないんだなぁとつくづく思います。
ふとした瞬間に、その人の人となりを知るとなんだか切なくなったり応援したくなったりすることもあります。
そういう時に、気の利いた一言が言えずに黙ってうんうんとうなづくことしかできないのがいかにも僕らしいですが、
その分お部屋探しで影ながら還元してるつもりです。
普段は、空気を読まず生意気にもズバズバ言う癖に、そういう時機転が利かないんですよね(笑)

正直まだ実績がない中でも信頼して仕事を任せてもらえるのは本当に嬉しいことです。
その中には、心配してくれる気持ちだったりが含まれているのは良く分かっています。
最終的に頼んで良かったと言ってもらえるように、誠心誠意やっていきます!それではまた!