仕事で行くことの多い板橋に新選組局長近藤勇さんのお墓があり、通るたびにお墓参りしてます。
お墓付近でチラシを撒いていて、たまたま見かけてお参り?したのですが、地区の管理人の方がいて、
くわしく説明してくれたおかげもあり興味を持ちました。近藤さんが埋葬された所に植樹された植物を
いただき、事務所に飾っています。お金持ちになれるからいただきましたが、今のところ御利益は
ありません(笑)

それもあって、仕事が終わってから夜に大河ドラマの新選組を良く観ています。
ユーチューブで無料で観ているので、画質だったり話が少し省略されていたりしていますが、
タダで、楽しく観ています(笑)そして、個人的には永倉新八さんと藤堂平助さんが好きです。

元々、百姓出身というコンプレックスをバネに京都で将軍様の護衛に勤め、今でいうところの警察みたいな
組織にあたるんでしょうかね?歴史に名を残して、板橋で斬首されるまでが描かれています。

田中邦衛氏が演じる近藤局長の父の存在がすごく良い味を出しています。試衛館で圧倒的な強さを誇る沖田総司に対して、
「勝負事はギリギリで勝つのが一番だ。人は負けたと思ったときに何かを学ぶ」という名言を残していました。
その後に、道場破り?の山南さん(後の総長)に手痛い負けを喫した沖田に、近藤局長の父が、「何もこんな時に
学ばなくても。。。」とボソッと言ったシーンには笑ってしまいました。とぼけた父っていいですよね(笑)

僕自身、今月を振り返ってみると、何もこんな時に学ばなくても。。。ということが本当に多かったです(笑)
話がまとまった件についても、もう少しなにかできなかったのかなと思う気持ちはあります。
最近思うのですが、この仕事は全く同じ局面になることって、本当に少ないなぁと。同じ不動産は
世界に一つしかないし、売主さん買主さんそれぞれに考え方が同じ組み合わせになることなんてないし、
正解がどこにあったのかなんて結局誰にも分からないんですよね。
経験が全く役に立たないというわけでもない。でも、経験という名の固定観念にとらわれすぎてもいけない。
バランスなんですよね。
AIが解決してくれるなら、お客さんのために潔く身を引きます(笑)自分も正解があるならそれを知りたいです。
とはいえ、とにかく柔軟な発想をもって、物件を一つ一つチェックしていくしかないです。
他の人と同じ発想でも良くないし、自分なりに工夫をして提案をしていけたらと思います。
やりようはいくらでもあると思います。自分がそれに気づいてないだけで。

また頑張ります。それではまた!