どうもです!元公務員の不動産会社葵商事の島田です!

 

コロナウイルス流行ってますね~コロちゃんにあやかって社名を合同会社コロナとかにしたら、弊社も少しは流行りますかね?

 

3月で賃貸のシーズンですが、コロナの影響なのかオリンピックの影響なのか分かりませんが、内見しないで申し込む人が続出しており、なかなか内見できるお部屋を探すことが難しいと感じています。本当にすぐ決まってしまいます。弊社でもやむを得ず内見せずに申し込むお客様もいらっしゃるので、いつもの賃貸営業と少し違うなぁと感じることもあります。去年も競争は激しかったけど、ここまでではなかったなぁと思いますね。

 

売買の方ですと、格安の価格設定でない限り、即決される可能性も少ないため、少し考える時間があるので比較的案内しやすいです。少しずつ物件の価格が下がっている印象です。ローンが厳しくなったりしているのが関係していると思います。弊社は、どちらかというと購入されるお客様からの依頼が多いので、価格が安くなる傾向についてはポジティブに捉えています。正直、割安の物件を探すのに苦戦して、お客さんにオススメできる物件もこれまではそう多くなかったので、指値交渉を頑張っていました。

 

題名は、又吉直樹さんの火花からです(話飛びすぎ)。

「生きている限り、バッドエンドはない。僕達はまだ途中だ。これから続きをやるのだ。」

発展途上なので改善すべき点は多くあります。これから続きをやるわけですが、どこに向かっていくかもそろそろ決めないとなぁと思っています。それではまた!